スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

春の話音会〜しなやかに芽吹く、春の調べ〜レポート

2013年6月8日(土)、春の話音会~しなやかに芽吹く、春の調べ~が開催されました。
雨降りの多い話音会には珍しく、さわやかな晴天。
お寺の前にある鳥居の下に植えられたひまわりが、元気よく迎えてくれました。
himawari.jpg


夕方から行われたリハーサルでは、氣梅さんの三味線と山田鶴勝丞さんの太鼓が本堂に響きました。
riha_20130611225143.jpg


私たち話音会スタッフも今回から作務衣デビュー。
以前真国寺で行われている座禅の会「夜坐の会」で、ご住職の家族の作務衣姿にあこがれてこの度、導入しました。
samue.jpg


本番前の楽しみ、ミーティング&食事会。
今回のメイン料理はTakako作のチキンカレー。
あまりに美味しくて、みんなおかわりしました。
meal.jpg


いよいよ本番、入り口にはご住職筆の看板が設置されました。
kannbann.jpg


前半、永田住職の講話「娑婆世界に遊ぶ」。
kouen.jpg
娑婆=悩み苦しむことの多いこの煩悩の世界のこと。
煩悩にまみれた世界で「遊ぶ」とは、結果にとらわれることなく、何かに取り組む過程(今現在)そのものに真剣に取り組むこと。また「遊ぶ」ことには、必ず創造性がともなうものだ。
今現在を遊び、今を生きることによって、過去の後悔や未来への不安、人間のもつ普遍的な負の感情や執着にとらわれにくくなる。
娑婆世界を自由に遊ぶことができれば、日常の些細なこと驚き、感動し、感謝することができる。
またもしあなたが今、苦しみの中にいるとしたら、苦しみの中にいること自体がすでに意義深い生き方の結果だといえる(意訳)。

後半、三味線&鳴り物コンサート。
KandY.jpg
三味線の氣梅さん、太鼓&津軽三味線の山田鶴勝丞さんによる民謡コンサートが行われました。
華やかな花笠音頭を皮切りに、私たちに耳なじみのよい、こきりこ、麦や、といちんさなどの富山の民謡メドレーが演奏されました。
氣梅さんの唄と三味線は、凛とした芯を持つ繊細な音色で、会場を魅了しました。
また、相方の山田鶴勝丞さんの太鼓は、音楽に快活なリズムを与え、津軽三味線では高い技巧と艶のある歌声を披露してくださいました。
知っている曲が多かったことからか、演奏が始まってすぐに客席から口ずさむ声や、手拍子が聞こえたりと、まさに舞台と会場が一緒に楽しんだ演奏会になりました。

お話と音楽のイベントをやってみたい!という気持ちだけではじめた話音会が、今回で10回目を迎えました。
こんなに続けられたのも、本当に多くの皆様に支えられてのことと思います。
初心を忘れず、これからも心に癒しを与えるられるようなイベントづくりをめざして、がんばります(^^)!

(大切な癒しアイテムの、古代米の大福と、福竹茶です)
daihuku.jpg
スポンサーサイト
2013-06-12(Wed)
 

演奏者、氣梅さん&山田鶴勝丞さん


雪の降りしきる昼下がり、私は某金融系セミナーをうけに会場に向かっていました。

会場に入るとファイナンシャルプランナーの先生が、慣れた様子で前方に立ち、セミナーの開始を待っておられました。

その傍らに、なぜか無骨な長細い黒い箱。

バッグとして好んで持ち歩くには、長すぎるし、大きすぎる。

何だろう?と思っていると、セミナーが始まりました。

軽い自己紹介を終えると、講師の政橋奈保美(まさはしなほみ)先生はおもむろに黒い箱から三味線を取り出し、弾き歌いはじめました。

まさかお堅い金融系セミナーでいきなり三味線ライブが始まるとは想像していなかったので、かなり驚いたと同時に、「この人面白い(^0^)!」と思いました。

私と政橋さん=氣梅(きうめ)さんの出会いはこんなかんじでした。

kiume
氣梅さんは幼少のころより、三味線に親しんでおり、現在は長唄杵屋勝寿朗教室に所属されています。
豊富な演奏経験をもっておられ、直近では、越中演芸倶楽部「三楽会」出囃子、東日本大震災復興応援チャリティーフェスティバル、てるてる亭志の輔のこころみ出囃子、ファイナンシャルプランナーによるオモシロ金融らいぶショー など、様々な場で演奏されています。
このほか、様々なジャンルの音楽を楽しむことができる月例ライブ「邦楽洋楽アラカルト」を、毎月てるてる亭ミニシアターにて主催しておられます。
非常に気さくな氣梅さん、性格を現したような華やかな音色の三味線を弾かれます。
URL https://www.facebook.com/utatosyamisen.kiume

また当日の相方、山田鶴勝丞(やまだつるかつじょう)さんこと宝田晴美さんは、日本民謡協会「祐和会」の代表をつとめられています。
山田流鳴り物、高橋流津軽三味線を習得され、日本民謡民舞6団体協議会、北日本民謡舞踊連合会にて専属伴奏者として活躍されています。
祐和会会主として、会員、お弟子さんを指導しながら、プロ歌手の伴奏やイベント等に積極的に参加、活動されています。
08.jpg
【当日の演目例】

越中おわら節、麦や節、復興応援会津磐梯山、津軽じょんがら、喜三の庭より箏の合方etc・・・


地元民謡、復興応援東北民謡、長唄、出囃子集、津軽曲弾きなど、三味線の様々な曲、奏法を楽しめるそうです。

また、氣梅さんによる三味線講座?も聞けるかもしれません。


氣梅さんと山田さんの息の合った三味線と鳴り物の演奏、ぜひ聴きにいらしてください(^^)/!

2013-05-18(Sat)
 

11月25日・真国寺御堂が異空間にトリップ?!

START.jpg
THE スゥインガーズによる話音会初のJazzコンサートの幕開けとなりました!

メンバーのguitar石川宏樹さん、Bs小倉将さん、Dr中井和也さん・・・
皆さんとは打ち合わせの際や、当日いろいろお話させてもらいましたが、それぞれ自然体で、
真っ直ぐで、純粋(ちょっとシャイ)、そして音楽に対するぶれないストイックな姿勢を持っておられる
という印象を受けました。

さぁ! そして演奏が始まりました♪
一人一人の心の秘めたる扉が開き、情熱と魂の叫びがフワフワゆらゆら伝わってきました♪
まさに”SWing Of Heart”です(笑)
シックな曲調の楽曲から始まり、時おりほんわかとした笑いを誘うギター石川さんの独特なMCをはさみつつ
曲目も演奏も段々とヒートアップ!
G.jpg
B_20121204210549.jpg
D.jpg
What a wanderful world 何て素晴らしい世界!
そして、Cantalope island 気がつけば心と体がゆらゆら気持ちよく揺らいでいます。
メンバーはそれぞれがアイコンタクトを取りながら、”あ うん”の呼吸で時に激しく、時に切なく、
躍動感の中、お互いの化学反応を楽しみ、変幻自在な「音」の世界を表現していくさまは圧巻でした。
jazzは緻密に構築していく高等数学の計算と揺らぎのある直感で形作られると語っておられましたが、
私が聴いていてより強く感じたのは、計算の部分よりも、感覚(揺らぎ)での演奏のよる直感的な変幻自在な
音の質感でした。

司会Takakoからの「今の気持ちを音にすると??」の無茶振りに、三者三様に表現してくださったシーンはとても
楽しかったです♪
和やかな雰囲気の中、アンコール曲 ”on the sunny side of the street” 
最高でした~!
これからのさらなる飛躍が期待される、The スゥインガーズに拍手!



不思議な余韻を残しつつ、秋の話音会~Swing of Heart~今回も和やかにクローズド致しました。
The スゥインガーズの皆様、そして今回も多数参加頂きました皆様、どうも有難うございました。
寒さ増す日々ですが、心の中の情熱の火を燃やし続けてください♪
ではまたお目にかかる日をスタッフ一同楽しみにしています。     (waonkai-Hiromi)
2012-12-04(Tue)
 

秋の話音会~Swing of Heart~レポート<前編>

2012年11月25日に、「秋の話音会~Swing of Heart~」が行われた。
ここしばらく曇り~雨と天候が思わしくなかったが、その日は晴天となり、紅葉の、赤・黄・緑のコントラストが会場である真国寺を彩っていた。
tree.jpg
 話音会では毎回、お話と音楽というイベント内容に加えて、手作りのお菓子と、それに合うお茶をお出ししている。
今回のメニューは、マドレーヌと柚子茶。
マドレーヌ製作は柴田さんで、話音会のお菓子づくりはこれで3回目になる。
いつも美味しいと大好評で、今回のマドレーヌも、コロンとした可愛らしいビジュアルと優しい甘さが会場を華やがせた。
また、会場を満たす香りも、空間を作る大切な要素。
入り口から会場にかけて香るアロマはパチュリ・ラベンダー・タンジェリン。
会場は、心弾む柑橘の香りと、落ち着いた森林の香りに満たされた。
mad.jpg

 夕刻になると、暖かなキャンドルの光がひとつひとつ灯り、会場への道のりを照らす。
saka.jpg
ペットボトルを使ったランタンは真国寺ちいほ茶屋のスタッフさんによる作品だ。
ランタンの構造は、何度も試行錯誤を繰り返し行き着いたもので、風が吹いても雨が降っても灯りを守るのだという。
暖かい光が、会場への道しるべとなった。

【第一部】永田円了住職による講演「動的平衡~人生はゆさぶり~」。

sensei.jpg

 正常な人の鼓動は絶えず一定しておらず、揺らぎながら平衡を保っている。
対する重度の精神病患者の鼓動はその逆、機械のように正確に拍動を刻む。
つまり、生命は絶えず不安定にゆらいでおり、揺らぎながらバランスを保つことが、本来の姿なのである。
我々の心の中には、このゆらぎ=動揺を恐れ、排除することで、安定したいという気持ちがある。
安定を求めて、閉じた環境・人間関係以外をシャットアウトしたいという気持ちだ。
心の動揺を恐れて、心を閉じてしまってはいけない。
閉じた心は、固まっているが故に脆く壊れやすい。

 サブタイトルにある「人生はゆさぶり」は、ミュージシャン・矢沢永吉の言葉からとったものだろう。
人生を揺らぎ、刷新して生きることは、安定に比べて「めんどうくさい」。
しかし、たった一度の人生を力一杯生き、棺桶の中ではじめて静かになる。
たとえ一旦ゆらいでも、立て直すしなやかさをもつこと。
そのような生き方を私たちは目指すべきではないか。


 このように書くと堅苦しい話のように受け取られかねないが、永田住職の話の魅力は、ドキュメンタリー映像や、映画、音楽を豊富に取り入れ、わかりやすくかつ、ドラマチックに語られる点にある。
残念ながら私の表現力ではこの講演の、はっと気がつく感動を記すのは難しい。
矢沢永吉はこのようにもいっている。
「これからの時代、デジタルコピーできないものを作らないといけないと思った。なんだろうと考えたときに、それがライブステージだと思った」。
永田住職の講座にはライブ感があって、新鮮な驚きと明るい感動がある。
ぜひ興味をもたれた方は話音会や、月に一度の永田住職のセミナー「Aha-エンパワーメント講座」に足を運んでいただきたい。

☆ 真国寺のHP。講演情報はこちらから http://www.enryo.jp/index.html

                                    (Waonkai project -Keiko)

秋の話音会~Swing of Heart~レポート<後編>へ続く
2012-11-27(Tue)
 

永田円了ご住職@話音会

今夜は、話音会ファミリーの我らが永田円了先生(ご住職)について紹介させて頂きます!
話音会の本拠地、富山市八ヶ山にある曹洞宗真国寺のご住職です。
ですがなぜ先生と言うのか?それは、大学等の先生をされてきたことと、
様々な場所で先生独自の講演をされているから。
お寺のご住職ですが先生のお話はよくあるお坊さんの説法とは違います。
プロジェクターで映し出す映画のワンシーンや音楽、また英語も飛び交ったり・・・
まるでひとつのエンターテイメントのような感じでお話は展開され、
その中でいかにして生きるか・・・人生哲学を楽しく伝えてくださいます。

今回のテーマは、「動的均衡~人生はゆさぶり~」
生きとし生けるもの全てのいのちは、毎分毎秒刷新を繰り返している。
たとえ静止状態にあるようなものでも、その内部ではダイナミックなエネルギーの躍動が起こっている。
自分の身辺に起きる出来事への深い関心、予測不可能なことがらを楽しんで受け入れる心の強さをもって、日常を生きる。

静かな夜のお寺の空間、仏様の前で人が集い、自分の内面に向き合う時間。
そこで湧き起こる思いや感情、気づきを感じながら音の時間へと進みます。

ぜひ、先生のお話を聴きにいらっしゃってくださいね^^!

今回の先生のお話は1時間ですが、通常は1時間半。
毎月第一月曜日に「Ahaエンパワーメント講座」が開催されています。
詳しくは、真国寺HP:http://www.enryo.jp/

【プロフィール】
5年間のアメリカ留学を経て帰国、富山女子短期大学・富山国際大学人文学部教授に就任(2003年迄)
現在、曹洞宗真国寺の住職を務める傍ら、講演会、寄稿等を多数行う。

永田円了先生


***秋の話音会~Swing of Heart~***

●お話:永田円了ご住職
 テーマ「動的均衡~人生はゆさぶり~」

●Jazz コンサート
 バンド:The スゥインガーズ
 guitar:石川宏樹
 Bs :小倉 将
 Dr:中井和也

◆日時:11月25日(日)開場18:30 開演19:00
◆場所:曹洞宗真国寺 富山市八ヶ山4185
◆定員:30名
◆会費:1,000円

<申込・問合せ>
Mail:waonkaiproject@yahoo.co.jp
Tel:090-2834-7366
Blog::http://waonkai.blog29.fc2.com/
2012-11-07(Wed)
 
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
about WAONKAI project

WAONKAI project

Author:WAONKAI project
『話音会』は、2010年4月をに始めての開催し、3年目の秋を迎えています。
お話と音楽のコラボで心の充電・心の栄養補給をして頂ける時間を創造てきました。また、みなさんと共にほっこりとした温かい時間を過ごせたらと願っています。これからも皆さんのお越しを心からお待ちしております。
イベントのお知らせやそれに関連したお役立ち情報、出演者のレポートなどを発信して行きます。
ブログの方も合わせて宜しくお願いします。

Thank you visiting
Now:
クラシック演奏会
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
『スーモ』遊んでね♪
不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。