スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

ゆらぎな話音会MTG(ミーティング)

いよいよ、秋の話音会~Swing of Heart~の1週間前となりました
そして、今日は音の部を飾るバンドThe スィンガーズのメンバーさんとの会場確認と事前打ち合わせです。
この時間とっても大事なのですよねぇ~。当日に向けて意識が結集する感じ!
打合せもろもろ済ませたあとにバンドさんの取材をしました。

話の始まりは、今回のお話のテーマ「動的均衡~人生はゆさぶり~」に繋がる永田ご住職の言葉。

「人生ゆれながら進んで行くんだよねぇ。
   ほら、綱渡りも左右に揺れながら進むでしょ。」


お三方ともとても音楽とその背景とともに揺らぎながら来られた感じがします。
そして、揺らぎながら出会ったトリオ。
JAZZの世界は、いろんな化学反応が楽しめるとのこと。
また、富山と言う音楽のコミュニティの中でみんなどこかどこか繋がりあっていて、
じゃぁ、今度組もうか、やってみようかってことが大いにしてあるそうです。
そして、JAZZはそれが起こりやすいジャンル!
彼らのJAZZとの出会い、その背景は如何に?
それらを探ってみました。

IMG_0219.jpg
左からギター:石川宏樹 ベース:小倉将 ドラム:中井和也 永田ご住職 スタッフ:まっちゃん 

ドラム:中井和也さん
音楽との出会いは小・中・高のブラスバンド。楽器はトランペット。
高校時代にドラムに転身。大坂昌彦氏のジャズクリニックでジャズに傾倒しJAZZの世界へ。
Jazzの魅力は、いろんな人たちと自由に出来るし、化学反応が面白い!
これまでファイブスポット、ウエスタンファームなど、富山県、石川県で活動。
ギターの石川さんとは、富山大学のJAZZ研繋がりで知り合ったとか。
そして、音楽の背景は広告営業がお仕事。
若手ふたりを支えるクールさと落ち着き感と「自然体」と言う感覚を大事にしていることが伝わってきました。
そして・・・いろいろ話を深めようとしましたが「あとはミステリーということで」と。
さぁ、当日はどんなドラマーな姿に出会えるのか?そのミステリーを探ってみましょう。
1351038412429.jpg

ベース:小倉 将さん
この寒さの中、部屋に入るなり上着を脱ぎ半袖のポロシャツに。
小倉さんは、アフリカの旅帰り。その空気感がありました。
ワイルド&シャイな感じの印象の方です。
東京の大学で軽音とJazz研に入ると同時にブラックミュージックやR&B、ヒップホップに嵌る。
とりわけJazz研の先輩のvocalの魂の叫びに近い歌うその姿にカッコよさを感じ、そこからJazzの世界に入って行ったそうです。
もともとエレキのベースから入り、ウッドベースへ転身。音楽を支える低音に魅了されたとのこと。
合わせて「リズム」を感じるのが好き。それを追い求めてアフリカへ現地の音楽や踊りを感じに旅へ。
そして、なんと音楽の背景はお医者さんの卵。
大学では経営工学を専攻、就活時にアナリストになった先の目指す自分の姿に違和感を覚え、
思い切って進路変更されたそうです。
「最後に伝えたいことがあるんです。
 ・・・大学のJAZZ研で努力すれば報われるってことを知った。
 それが、違う道へ思い切って飛び込む後押しとなった。」と。
彼の勇気ある選択と夢へ向かうパワーとアフリカで感じてきたものが
ベースの低音となって響くそのときが楽しみです
ogura.jpg

ギター:石川宏樹さん
石川さんは、前回のルーシーダットンとのコラボでも出演。
そして、今年2月に私、宮舟が携っていた復興カフェ☆HOPEシェアリング(被災地支援プロジェクト)の企画にて絵本とギターのコラボでご一緒させて頂いた方、お馴染みの方です^^
今こうしてJazzを中心に活動し、どこかほんわかした印象から想像もつかない音楽生活の歴史あり。
なんと元々はハードロック(彼曰く“やっかましい奴”)が好きだったそうです。
その後、ハウス、テクノ(それもやかましい奴)が好きになり、イギリスのアーティスト、レディオ・ヘッドに嵌り、その中のJAZZ調の曲が好きでそこからJAZZに至ったとのことです。
音楽の背景では、入社した金融機関で身に付けた数学的思考が今の音楽にも繋がっているとか。
目指すイメージへパズルを組み合わせる感じ。その中で実験も楽しんだりもしますと。
穏やかほっこりなイメージの彼の背景はなかなかユニークなことが展開しているのですねぇ。
当日はどんなパズルの組み合わせとなってJAZZ SOUNDSが伝わってくるのでしょうか
プロフ写真

帰りの3人「The スィンガーズ」のみなさんの自然体な様子です。
それぞれ、個性的。当日はどんな化学反応が起きるのか楽しみです!
IMG_0223.jpg

みなさん、ぜひ彼らのJAZZの世界を聴きに来てくださいね!

Let's Swing of Heart with US




スポンサーサイト
2012-11-18(Sun)
 

【対談】永田住職×Noricoさん×福井さん

5月13日(日)話音会会場となる真国寺さんにて全体ミーティングが行われました!
控え室となる奥のお座敷、大きなキャンパスのようなガラス窓のあるお部屋にて以下の方々を囲んで和やかにミーティング、そして音楽のことなどいろんな話が繰り広げられました。

【対談】
 ☆永田円了先生/真国寺ご住職。Aha-エンパワーメント講座開講・富山市民大学
 ☆Noricoさん(野崎紀子)/シンガーソングライター・産婦人科医・ふたりのママさん
 ☆福井哲三さん(サウンドファーム)/農業の傍ら、拘りの音響  
  +真理子さん、WAONKAI project:貴子、景子、裕美
 
DSC_0041.jpg

前座?!いえいえ。永田ご住職のお話は如何に?
永田先生:絵本「The Missing Piece meets The Big O」のお話。
      おまえ転がれるかい?やってみたことあるのかい?やってみようか?
      (Missing PeaceとBigOの会話)
      最終的にはひとりひとりが円。みな空虚なものを持っていて必死に埋めようとするけど、
      みんな不足なんてしていない。みんながビックオーなんだよってことをお伝えしたいです。
      そんな雰囲気で前座を務めますから。

☆永田円了ご住職/真国寺HP:http://www.enryo.jp/
話音会の話の部は、永田ご住職のお話『何不足、人は裸で生まれたに』
映像や音楽を使って人が生きるうえでの大切なことをお話頂きます。

DSC_0043.jpg

音楽と仕事と子育てとのバランス
永田先生:Noricoさんは、ご職業と芸術の両立はどうですか?
Noricoさん:本当に綱渡りなんです。
永田先生:今では女医さん。特に産婦人科医はひっぱりだこですよね。
Noricoさん:開業されている医師の方は、24時間勤務。日中は100人診て、夜中はお産に立ち会って。
      ちょっとでも手伝おうと、渡り歩いています。
永田先生:お気持ちとしては、どっちにウエイトがあるのですか?
Noricoさん:そのときそのときに集中して、仕事は仕事で、音楽は音楽でその場が自分の中で一番と思って、
       精一杯できるようにやっている感じです。
       いっぱいいっぱいになるとマイペースにしないとって。これ以上出来ないって言う線を決めて。
       仕事ばっかりだと子供があれって?なるので。
永田先生:お母さんの役割もあるからねぇ。
Noricoさん:子供見てなさすぎるとバランス取れなくなるんです。
       子供を見ようってなったらこれ仕事はこれ以上・・・。音楽はここはムリだなぁとか。
福井さん:子供さんも一緒にされていていいよねぇ。
Noricoさん:一緒に演奏すれば子供も楽しいし、音楽をして楽しいなって。演奏して頑張ったら褒められるし。
       自己実現みたいになったらいいなって思っています。
     
norico 001
ゼロニイ掲載

☆シンガーソングライター:Noricoさん(野崎紀子)
富山県出身。産婦人科医。昨年9月CDアルバム「ぬくもり」を発売。
子どもや母への感謝、誕生の瞬間に立ち会う経験など、尊い命の大切さを唄に込める。
現在、富山、石川にてオリジナル曲を中心にキーボードで弾き語りやボーカル活動中。
透き通るような歌声で温かなメッセージを伝え続ける。

「富山が好き♪」富山の歌の誕生
真理子さん:Noricoさんの富山の歌いいですよね。(笑顔になれるこの街に生まれて)
Noricoさん:すぐ覚えられるようなメロディで作りました。
裕美:初めてFMで聴いたとき、耳に残って、妙に心がウキウキっとする歌だなって思いました。
真理子さん:富山代表の歌にしたいですね♪
Noricoさん:言葉をどうつなぐか難しくて・・・
      呉羽山の上から見る夜景が近かったりして、その夜景から人の呼吸を感じて。
      それを前向きな言葉にするにはどうするか?支えてくれた。友達の笑い声が聞こえるよ。
      って、前向きな断定系の言葉に。富山が好き!家族が好き!


団塊の世代のおふたり、熱い音楽トーク!
永田先生:芸術と音響はどのようにして?
福井さん:公務員をしていたけど退職して、昔はダンスパーティのバックバンドをやっていました。
      音楽の道へ行こうと思ったけど、退職したら近所の人が田んぼ引き受けてほしいって頼まれて、
      断れないでしょ。1町だったのが今は10町ほど田んぼを。そっちの方が主になって、
      音楽はサポート。喜んでもらえれば嬉しい。
      特に若い人はお金もたないし手伝いたい。装備は一流のもの。どこにも負けないですよ。
永田先生:団塊の世代ですか?
福井さん:そうです。
永田先生:一緒ですねぇ!ベンチャーズとかビートルズ、ローリングストーンズ!
福井さん:ベンチャーズをカラオケでやったり、エレキやったりしてます。
      健康のために農業をやっています。
      田んぼは、減農薬で。お米を配ると美味しいって言ってもらえると豚も気に登るってもので、
      はりきってまたやれる。いかったって言われるともっといい米ってね。
      歌う人たちが聴く人たちに感動を与えるのを支えるのが裏方の役目。
      その人への拍手。アンコールもらえたときは良かった~って思う。自己満足の世界。
      音楽好きだし、生でタダで素晴らしい方の歌を聞けるのは最高!
永田先生:アンコールは2回くらい欲しいね。
福井さん:アンコール2曲してもらうと来てよかったって思うし、感動する。
Noricoさん:ハイ、わかりました!

☆ライブの影の立役者!音響:福井哲三さん
サウンドファーム:http://www.net3-tv.net/~uaa/

それぞれ、二足のわらじ・・・どころか、三足の・・・
共通項は、音楽。対談のほかにもいろんなお話が繰り広げられました。
そして行き着くところは音楽へ。
5月27日夜、三人の持ち味がコラボレーションし、中身の濃いとっても素敵な夜になることは間違いなし!
プロデュース側の私たち、その日に向けて気が引き締まる思いとワクワク感が交差。
定員を40名へ拡大しました。若干まだ空きがありますので参加希望の方はご連絡ください!
メール:waonkaiproject@yahoo.co.jp

2012-05-14(Mon)
 
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
about WAONKAI project

WAONKAI project

Author:WAONKAI project
『話音会』は、2010年4月をに始めての開催し、3年目の秋を迎えています。
お話と音楽のコラボで心の充電・心の栄養補給をして頂ける時間を創造てきました。また、みなさんと共にほっこりとした温かい時間を過ごせたらと願っています。これからも皆さんのお越しを心からお待ちしております。
イベントのお知らせやそれに関連したお役立ち情報、出演者のレポートなどを発信して行きます。
ブログの方も合わせて宜しくお願いします。

Thank you visiting
Now:
クラシック演奏会
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
『スーモ』遊んでね♪
不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。