スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

春の話音会〜しなやかに芽吹く、春の調べ〜レポート

2013年6月8日(土)、春の話音会~しなやかに芽吹く、春の調べ~が開催されました。
雨降りの多い話音会には珍しく、さわやかな晴天。
お寺の前にある鳥居の下に植えられたひまわりが、元気よく迎えてくれました。
himawari.jpg


夕方から行われたリハーサルでは、氣梅さんの三味線と山田鶴勝丞さんの太鼓が本堂に響きました。
riha_20130611225143.jpg


私たち話音会スタッフも今回から作務衣デビュー。
以前真国寺で行われている座禅の会「夜坐の会」で、ご住職の家族の作務衣姿にあこがれてこの度、導入しました。
samue.jpg


本番前の楽しみ、ミーティング&食事会。
今回のメイン料理はTakako作のチキンカレー。
あまりに美味しくて、みんなおかわりしました。
meal.jpg


いよいよ本番、入り口にはご住職筆の看板が設置されました。
kannbann.jpg


前半、永田住職の講話「娑婆世界に遊ぶ」。
kouen.jpg
娑婆=悩み苦しむことの多いこの煩悩の世界のこと。
煩悩にまみれた世界で「遊ぶ」とは、結果にとらわれることなく、何かに取り組む過程(今現在)そのものに真剣に取り組むこと。また「遊ぶ」ことには、必ず創造性がともなうものだ。
今現在を遊び、今を生きることによって、過去の後悔や未来への不安、人間のもつ普遍的な負の感情や執着にとらわれにくくなる。
娑婆世界を自由に遊ぶことができれば、日常の些細なこと驚き、感動し、感謝することができる。
またもしあなたが今、苦しみの中にいるとしたら、苦しみの中にいること自体がすでに意義深い生き方の結果だといえる(意訳)。

後半、三味線&鳴り物コンサート。
KandY.jpg
三味線の氣梅さん、太鼓&津軽三味線の山田鶴勝丞さんによる民謡コンサートが行われました。
華やかな花笠音頭を皮切りに、私たちに耳なじみのよい、こきりこ、麦や、といちんさなどの富山の民謡メドレーが演奏されました。
氣梅さんの唄と三味線は、凛とした芯を持つ繊細な音色で、会場を魅了しました。
また、相方の山田鶴勝丞さんの太鼓は、音楽に快活なリズムを与え、津軽三味線では高い技巧と艶のある歌声を披露してくださいました。
知っている曲が多かったことからか、演奏が始まってすぐに客席から口ずさむ声や、手拍子が聞こえたりと、まさに舞台と会場が一緒に楽しんだ演奏会になりました。

お話と音楽のイベントをやってみたい!という気持ちだけではじめた話音会が、今回で10回目を迎えました。
こんなに続けられたのも、本当に多くの皆様に支えられてのことと思います。
初心を忘れず、これからも心に癒しを与えるられるようなイベントづくりをめざして、がんばります(^^)!

(大切な癒しアイテムの、古代米の大福と、福竹茶です)
daihuku.jpg
スポンサーサイト
2013-06-12(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント


義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
about WAONKAI project

WAONKAI project

Author:WAONKAI project
『話音会』は、2010年4月をに始めての開催し、3年目の秋を迎えています。
お話と音楽のコラボで心の充電・心の栄養補給をして頂ける時間を創造てきました。また、みなさんと共にほっこりとした温かい時間を過ごせたらと願っています。これからも皆さんのお越しを心からお待ちしております。
イベントのお知らせやそれに関連したお役立ち情報、出演者のレポートなどを発信して行きます。
ブログの方も合わせて宜しくお願いします。

Thank you visiting
Now:
クラシック演奏会
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
『スーモ』遊んでね♪
不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。