スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

絵本コンサート・レポ①

WAONKAI projectのブログ、放置状態ですみません
お久しぶりです!スタッフのTakakoです

ブログは放置状態ではありますが、秋から年末に掛けて着々とイベントを企画しております。
今回は大きく告知はせずプライベートな企画を行いました。
絵本コンサートふたたび 富山ピアノ会さんとのコラボ企画です。

「大人のためのお月見絵本コンサートin真国寺 ちいほ茶屋」
スタッフも含め15名くらいのプライベートなコンサート&ワークショップです。
この日はご存じのように台風がやってきた日です。
私たちがピアノ解体、搬入、運搬を始めたころから雨、風が強まりだしました。
そして開催の時間はピーク。カフェの外は大荒れ。
ひぇ~~。みなさん来てくれるかなぁ~と心配になったのですが時間通りに勢ぞろい。
嵐の中、本当にありがとうございます

では、昨日の模様を写真とともにご紹介します!

1部:「大きな木」の朗読とピアノのコラボ。

今回の絵本のチョイス。3人の意見がピタッとあった本でした。
前回の話音会で永田ご住職が題材にあげた「The Missing Piece Meets the Big O」の作者シェル・シルヴァスタインの作品であり、村上春樹訳と言うところも興味深いところ。また、いろんな捉え方の出来る深い本なので絵本を楽しむだけでなく、そこから一歩踏み込んで皆で思いをシェアするのにはぴったりということで選びました。

cover.jpg

ookina.jpg


何度か読み合わせ、音合わせと練習してきました。
絵本を読み、どんな思いや考えが浮かんでくるのかなど何度も三人で話合いを重ねながら創り上げてきました。
後半にかけて色んな思いが各々に湧き起こり、後半のシーンに涙をしながら練習したこともありました。
当日は泣くことはありませんでしたが思いはしっかり込めさせて頂きました。

絵本コンサートの後のシェアタイム

色んな思いが出てきました。プラスの感情、マイナスの感情、どちらもある・・・様々でした。
また、多くの方は、親と子の関係。無償の愛と言うものを感じたようです。
親子の関係だけでなく、帰ってくる場所がある。心の拠りどころがある。そう言った場が社会にあることは大事なことだと思うと言った思いも頂きました。
それに、今までは貰ってばかり、これからは与えられる人でありたいといった共感する思いも聞けました。
一方、甘えるばかりで少年をダメにしている。また、木は持って行かれるだけ、得るものがない。
中にはこの本をご存知の方もいらっしゃって、節目節目に手に取って読むことがあると話してくださいました。
捉え方も様々、また読む時々によってまた新たな思いが沸いて来たりする本です。
手元に置いておきたい一冊です。

絵本と共に流れたピアノの演奏。朗読だけのときと違った感動があります。
読み手も音楽を感じながら言葉にすると一層思いがこもりました。

絵本と音楽・・・このコラボはいいですね。
そして、湧き出て来た思いをみなさんと共有しながら、自分のことを振り返る貴重な時間となりました。

あらっ、残念ながら私たちの出演の写真を撮り忘れましたぁ。
そのとき一生懸命だったものですっかり


[出演]

ピアノ: 直江景子
朗 読: 少年 松井裕美/ナレーション&木 宮舟貴子

二部のレポに続く
スポンサーサイト
2012-10-01(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント


義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
about WAONKAI project

WAONKAI project

Author:WAONKAI project
『話音会』は、2010年4月をに始めての開催し、3年目の秋を迎えています。
お話と音楽のコラボで心の充電・心の栄養補給をして頂ける時間を創造てきました。また、みなさんと共にほっこりとした温かい時間を過ごせたらと願っています。これからも皆さんのお越しを心からお待ちしております。
イベントのお知らせやそれに関連したお役立ち情報、出演者のレポートなどを発信して行きます。
ブログの方も合わせて宜しくお願いします。

Thank you visiting
Now:
クラシック演奏会
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
『スーモ』遊んでね♪
不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。