スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

秋の話音会~Swing of Heart~レポート<前編>

2012年11月25日に、「秋の話音会~Swing of Heart~」が行われた。
ここしばらく曇り~雨と天候が思わしくなかったが、その日は晴天となり、紅葉の、赤・黄・緑のコントラストが会場である真国寺を彩っていた。
tree.jpg
 話音会では毎回、お話と音楽というイベント内容に加えて、手作りのお菓子と、それに合うお茶をお出ししている。
今回のメニューは、マドレーヌと柚子茶。
マドレーヌ製作は柴田さんで、話音会のお菓子づくりはこれで3回目になる。
いつも美味しいと大好評で、今回のマドレーヌも、コロンとした可愛らしいビジュアルと優しい甘さが会場を華やがせた。
また、会場を満たす香りも、空間を作る大切な要素。
入り口から会場にかけて香るアロマはパチュリ・ラベンダー・タンジェリン。
会場は、心弾む柑橘の香りと、落ち着いた森林の香りに満たされた。
mad.jpg

 夕刻になると、暖かなキャンドルの光がひとつひとつ灯り、会場への道のりを照らす。
saka.jpg
ペットボトルを使ったランタンは真国寺ちいほ茶屋のスタッフさんによる作品だ。
ランタンの構造は、何度も試行錯誤を繰り返し行き着いたもので、風が吹いても雨が降っても灯りを守るのだという。
暖かい光が、会場への道しるべとなった。

【第一部】永田円了住職による講演「動的平衡~人生はゆさぶり~」。

sensei.jpg

 正常な人の鼓動は絶えず一定しておらず、揺らぎながら平衡を保っている。
対する重度の精神病患者の鼓動はその逆、機械のように正確に拍動を刻む。
つまり、生命は絶えず不安定にゆらいでおり、揺らぎながらバランスを保つことが、本来の姿なのである。
我々の心の中には、このゆらぎ=動揺を恐れ、排除することで、安定したいという気持ちがある。
安定を求めて、閉じた環境・人間関係以外をシャットアウトしたいという気持ちだ。
心の動揺を恐れて、心を閉じてしまってはいけない。
閉じた心は、固まっているが故に脆く壊れやすい。

 サブタイトルにある「人生はゆさぶり」は、ミュージシャン・矢沢永吉の言葉からとったものだろう。
人生を揺らぎ、刷新して生きることは、安定に比べて「めんどうくさい」。
しかし、たった一度の人生を力一杯生き、棺桶の中ではじめて静かになる。
たとえ一旦ゆらいでも、立て直すしなやかさをもつこと。
そのような生き方を私たちは目指すべきではないか。


 このように書くと堅苦しい話のように受け取られかねないが、永田住職の話の魅力は、ドキュメンタリー映像や、映画、音楽を豊富に取り入れ、わかりやすくかつ、ドラマチックに語られる点にある。
残念ながら私の表現力ではこの講演の、はっと気がつく感動を記すのは難しい。
矢沢永吉はこのようにもいっている。
「これからの時代、デジタルコピーできないものを作らないといけないと思った。なんだろうと考えたときに、それがライブステージだと思った」。
永田住職の講座にはライブ感があって、新鮮な驚きと明るい感動がある。
ぜひ興味をもたれた方は話音会や、月に一度の永田住職のセミナー「Aha-エンパワーメント講座」に足を運んでいただきたい。

☆ 真国寺のHP。講演情報はこちらから http://www.enryo.jp/index.html

                                    (Waonkai project -Keiko)

秋の話音会~Swing of Heart~レポート<後編>へ続く
2012-11-27(Tue)
 

満員になりました!


*** 満員御礼 ***

お申込み頂きましたみなさん
ありがとうございます

その日の夜は、お寺の境内に向かう坂道がキャンドルナイトとなります。
そちらも楽しみにしていてくださいね。

みなさんのお越しをお待ちしております。

出演者&スタッフ一同より




キャプチャ


2012-11-24(Sat)
 

ゆらぎな話音会MTG(ミーティング)

いよいよ、秋の話音会~Swing of Heart~の1週間前となりました
そして、今日は音の部を飾るバンドThe スィンガーズのメンバーさんとの会場確認と事前打ち合わせです。
この時間とっても大事なのですよねぇ~。当日に向けて意識が結集する感じ!
打合せもろもろ済ませたあとにバンドさんの取材をしました。

話の始まりは、今回のお話のテーマ「動的均衡~人生はゆさぶり~」に繋がる永田ご住職の言葉。

「人生ゆれながら進んで行くんだよねぇ。
   ほら、綱渡りも左右に揺れながら進むでしょ。」


お三方ともとても音楽とその背景とともに揺らぎながら来られた感じがします。
そして、揺らぎながら出会ったトリオ。
JAZZの世界は、いろんな化学反応が楽しめるとのこと。
また、富山と言う音楽のコミュニティの中でみんなどこかどこか繋がりあっていて、
じゃぁ、今度組もうか、やってみようかってことが大いにしてあるそうです。
そして、JAZZはそれが起こりやすいジャンル!
彼らのJAZZとの出会い、その背景は如何に?
それらを探ってみました。

IMG_0219.jpg
左からギター:石川宏樹 ベース:小倉将 ドラム:中井和也 永田ご住職 スタッフ:まっちゃん 

ドラム:中井和也さん
音楽との出会いは小・中・高のブラスバンド。楽器はトランペット。
高校時代にドラムに転身。大坂昌彦氏のジャズクリニックでジャズに傾倒しJAZZの世界へ。
Jazzの魅力は、いろんな人たちと自由に出来るし、化学反応が面白い!
これまでファイブスポット、ウエスタンファームなど、富山県、石川県で活動。
ギターの石川さんとは、富山大学のJAZZ研繋がりで知り合ったとか。
そして、音楽の背景は広告営業がお仕事。
若手ふたりを支えるクールさと落ち着き感と「自然体」と言う感覚を大事にしていることが伝わってきました。
そして・・・いろいろ話を深めようとしましたが「あとはミステリーということで」と。
さぁ、当日はどんなドラマーな姿に出会えるのか?そのミステリーを探ってみましょう。
1351038412429.jpg

ベース:小倉 将さん
この寒さの中、部屋に入るなり上着を脱ぎ半袖のポロシャツに。
小倉さんは、アフリカの旅帰り。その空気感がありました。
ワイルド&シャイな感じの印象の方です。
東京の大学で軽音とJazz研に入ると同時にブラックミュージックやR&B、ヒップホップに嵌る。
とりわけJazz研の先輩のvocalの魂の叫びに近い歌うその姿にカッコよさを感じ、そこからJazzの世界に入って行ったそうです。
もともとエレキのベースから入り、ウッドベースへ転身。音楽を支える低音に魅了されたとのこと。
合わせて「リズム」を感じるのが好き。それを追い求めてアフリカへ現地の音楽や踊りを感じに旅へ。
そして、なんと音楽の背景はお医者さんの卵。
大学では経営工学を専攻、就活時にアナリストになった先の目指す自分の姿に違和感を覚え、
思い切って進路変更されたそうです。
「最後に伝えたいことがあるんです。
 ・・・大学のJAZZ研で努力すれば報われるってことを知った。
 それが、違う道へ思い切って飛び込む後押しとなった。」と。
彼の勇気ある選択と夢へ向かうパワーとアフリカで感じてきたものが
ベースの低音となって響くそのときが楽しみです
ogura.jpg

ギター:石川宏樹さん
石川さんは、前回のルーシーダットンとのコラボでも出演。
そして、今年2月に私、宮舟が携っていた復興カフェ☆HOPEシェアリング(被災地支援プロジェクト)の企画にて絵本とギターのコラボでご一緒させて頂いた方、お馴染みの方です^^
今こうしてJazzを中心に活動し、どこかほんわかした印象から想像もつかない音楽生活の歴史あり。
なんと元々はハードロック(彼曰く“やっかましい奴”)が好きだったそうです。
その後、ハウス、テクノ(それもやかましい奴)が好きになり、イギリスのアーティスト、レディオ・ヘッドに嵌り、その中のJAZZ調の曲が好きでそこからJAZZに至ったとのことです。
音楽の背景では、入社した金融機関で身に付けた数学的思考が今の音楽にも繋がっているとか。
目指すイメージへパズルを組み合わせる感じ。その中で実験も楽しんだりもしますと。
穏やかほっこりなイメージの彼の背景はなかなかユニークなことが展開しているのですねぇ。
当日はどんなパズルの組み合わせとなってJAZZ SOUNDSが伝わってくるのでしょうか
プロフ写真

帰りの3人「The スィンガーズ」のみなさんの自然体な様子です。
それぞれ、個性的。当日はどんな化学反応が起きるのか楽しみです!
IMG_0223.jpg

みなさん、ぜひ彼らのJAZZの世界を聴きに来てくださいね!

Let's Swing of Heart with US




2012-11-18(Sun)
 

永田円了ご住職@話音会

今夜は、話音会ファミリーの我らが永田円了先生(ご住職)について紹介させて頂きます!
話音会の本拠地、富山市八ヶ山にある曹洞宗真国寺のご住職です。
ですがなぜ先生と言うのか?それは、大学等の先生をされてきたことと、
様々な場所で先生独自の講演をされているから。
お寺のご住職ですが先生のお話はよくあるお坊さんの説法とは違います。
プロジェクターで映し出す映画のワンシーンや音楽、また英語も飛び交ったり・・・
まるでひとつのエンターテイメントのような感じでお話は展開され、
その中でいかにして生きるか・・・人生哲学を楽しく伝えてくださいます。

今回のテーマは、「動的均衡~人生はゆさぶり~」
生きとし生けるもの全てのいのちは、毎分毎秒刷新を繰り返している。
たとえ静止状態にあるようなものでも、その内部ではダイナミックなエネルギーの躍動が起こっている。
自分の身辺に起きる出来事への深い関心、予測不可能なことがらを楽しんで受け入れる心の強さをもって、日常を生きる。

静かな夜のお寺の空間、仏様の前で人が集い、自分の内面に向き合う時間。
そこで湧き起こる思いや感情、気づきを感じながら音の時間へと進みます。

ぜひ、先生のお話を聴きにいらっしゃってくださいね^^!

今回の先生のお話は1時間ですが、通常は1時間半。
毎月第一月曜日に「Ahaエンパワーメント講座」が開催されています。
詳しくは、真国寺HP:http://www.enryo.jp/

【プロフィール】
5年間のアメリカ留学を経て帰国、富山女子短期大学・富山国際大学人文学部教授に就任(2003年迄)
現在、曹洞宗真国寺の住職を務める傍ら、講演会、寄稿等を多数行う。

永田円了先生


***秋の話音会~Swing of Heart~***

●お話:永田円了ご住職
 テーマ「動的均衡~人生はゆさぶり~」

●Jazz コンサート
 バンド:The スゥインガーズ
 guitar:石川宏樹
 Bs :小倉 将
 Dr:中井和也

◆日時:11月25日(日)開場18:30 開演19:00
◆場所:曹洞宗真国寺 富山市八ヶ山4185
◆定員:30名
◆会費:1,000円

<申込・問合せ>
Mail:waonkaiproject@yahoo.co.jp
Tel:090-2834-7366
Blog::http://waonkai.blog29.fc2.com/
2012-11-07(Wed)
 

【告知】秋の話音会~Swing of Heart~

キャプチャ


晩秋の夜に心を優しく踊らせてみませんか?
恒例となった真国寺さんでのお話と音楽のコラボレーション。
今回は、永田ご住職のお話とJazz Night!!
ぜひ、お誘いあわせの上、お越しくださいね♪

***秋の話音会~Swing of Heart~***

●お話:永田円了ご住職
 テーマ「動的均衡~人生はゆさぶり~」

●Jazz コンサート
 バンド:The スゥインガーズ
 guitar:石川宏樹
 Bs :小倉 将
 Dr:中井和也

◆日時:11月25日(日)開場18:30 開演19:00
◆場所:曹洞宗真国寺 富山市八ヶ山4185
◆定員:30名
◆会費:1,000円

<申込・問合せ>
Mail:waonkaiproject@yahoo.co.jp
Tel:090-2834-7366
Blog:http://waonkai.blog29.fc2.com/
2012-11-01(Thu)
 
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
about WAONKAI project

WAONKAI project

Author:WAONKAI project
『話音会』は、2010年4月をに始めての開催し、3年目の秋を迎えています。
お話と音楽のコラボで心の充電・心の栄養補給をして頂ける時間を創造てきました。また、みなさんと共にほっこりとした温かい時間を過ごせたらと願っています。これからも皆さんのお越しを心からお待ちしております。
イベントのお知らせやそれに関連したお役立ち情報、出演者のレポートなどを発信して行きます。
ブログの方も合わせて宜しくお願いします。

Thank you visiting
Now:
クラシック演奏会
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
『スーモ』遊んでね♪
不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。